外壁が汚れたりコケが生えると、汚い外観に見えるだけでなく、塗装の耐久性を落とす原因にもなります。
外壁にコケが生える理由は、環境的な要素が絡む場合やサイディングの柄も原因になります。
水が溜まりやすい柄の場合、そこからカビが生えるケースがあります。風と日当たりもカビを増やす原因になるので、環境に合わせた外壁材選びが大切です。
コケが生えやすい外壁材は、モルタルやリシン、ALC、窯業サイディングなどがあります。
一回コケが生えると、どんどん増えていきます。
また新築の場合でも、数年でコケが生えるケースがあるので、コケが生えにくい金属系サイディングやタイル、フッ素・シリコン系の外壁材を選ぶのが大切です。
外壁洗浄をする場合、状態や箇所によっては業者に依頼するのが一番ですが、家庭でやれる範囲ならばホームセンターなどで、家庭用高圧洗浄機を購入して、コケを見つけたらすぐに落としていけばコケが増えなくなります。
放置することが、コケを一番増やすことになるので早い対応が必要です。

参考: 塗装 耐久性 外壁洗浄

また、外壁塗装の上から塗装して耐久性を高める、ジョリパットを使用するとコケやカビに強い外壁にすることが可能です。
また、防火性に優れている点もあり、最近ではよく使用されています。

関連記事


    これから外壁塗装をしてみたいと思っている人も多いと思います。 ですが、実際に外壁塗装をしようと思った時に困るのが業者選びです。 なぜなら、適当に外壁塗装の業者選びをしてしまうと失敗したと感じる事もある…


    fashion2

    これから外壁塗装をリフォーム業者に頼もうと思っている人も多いと思います。 ですが、実際に外壁塗装をリフォーム業者に頼む時は少し気を付けるべき事があります。 それは悪徳業者にダマされない方法を知ってお…


    汚れが付着しにくい性質を持つシリコン塗料は、屋根塗装や外壁塗装に使うと塗装したての外観を長く保つことができます。 そのため、フッ素系塗料より仕上がりは劣るものの、防汚性に優れたシリコン塗料は塗装するこ…


    スレート屋根やトタン屋根って年数が経つと見た目の印象が凄く変わりますよね。 印象が変わるだけでなく、雨漏れだけでなく最悪の場合、張替えが必要になる可能性もあります。 今回はトタン屋根の基本的なペンキの…