振り抜くラインを先に決めて打てば、
当てようとする意識やインパクトの詰まりが無くなり、
一気に振り切れるので飛んで曲がらない球が打てます。

打ちたい球筋をイメージしてアドレスしたら、
バックスイングせずにフォローの形を一度作ってみましょう。

アドレスはワイドスタンスで安定感抜群
肩幅より広い結構なワイドスタンスでしっかりと地面を支えた状態で構えます。

トップの位置はワイドテークバックでねん転を深く
バックスイングのクラブの円弧が大きく、
右股関節を支点に上体を回し深いねん転を作っている

体重移動が大きいダウンスイング
ねん転でためたパワーを、左サイドに体重移動して一気に解放、
タメはそれほど深くない
インパクトは頭とクラブヘッドが引っ張り合う
インパクト後もヘッドは低空飛行を続けて、
頭とヘッドが引っ張り合いを続ける、
頭を残しながら球を押し込む、これが飛距離の源

フォローは真っすぐ長く振り抜く
左股関節を支点に回転し、フェースを返さず真っすぐヘッドを押すので
強振しても曲がらないのでプレッシャーに強い

フィニッシュは最後までパワを出し切る
強振してもバランスが崩れることなくフィニッシュ、
最終的に手の位置が高く収まる

こちらにも詳しく書いてあるので、ご覧になってください⇒ 松山英樹 スイング

関連記事

    None Found