髭の濃い人の悩み、髭剃り負け。肌の荒れている顔は女性からかなり嫌われるといいます。
しかし髭がある顔はむしろお洒落として好まれており、つまり何が嫌がられるかといえば、髭は剃っているのに肌が荒れていることによって「手入れされていないように見える」事です。
不潔であるなどとも取られてしまうわけですね。
しかし髭剃り負けを起してしまう人は「ちゃんと手入れをしているのに、それのせいで手入れしていないとみなされ、嫌がられる」ということになります。
ただそれだけで嫌な顔をされたり辛らつな言葉を浴びせられたりすることすらあります。
荒れた肌を見る事を嫌う女性は想像以上に多いです。
それが仕事上の取引相手だったとしたら、ただそれだけで悪印象を与えてしまうこともあります。
もし恋人同士だったら、口周りは腕を組んだ時にすぐ間近に見える位置にもなりますよね。
それが赤く荒れていたりしたらどうでしょう。

髭剃り負け対策には使う道具を選ぼう

そんなトラブルを避けるためにも髭剃り負けを出来るだけ無くす手段は覚えておいた方がいいでしょう。
そもそも髭剃り負けとは髭剃り後に肌に炎症が起こってしまうこと。
剃刀やシェーバーでの髭剃り時に肌の角質も一緒に削り落としてしまい、肌が弱い人だとそれだけで荒れたようになってしまうことです。
人によってはヒリヒリしたり痒みがあったり、出血することもあります。
避けるためにはまず髭剃りの道具、剃刀の質に注意することが必要です。
切れ味の悪い剃刀ですとそれだけ肌に引っかかりやすくなり、炎症を起こしやすくなってしまいます。
多少値が張っても切れ味のいい剃刀を選び、長期間使うことなく定期的に交換しましょう。
三枚刃、四枚刃などと書かれている剃刀はそれだけ肌に対する圧力が分散され、髭剃り負け対策には効果的です。
道具としては電気シェーバーを使ったほうが比較的髭剃り負けはしませんが、髭の濃い人は剃刀でないと剃り残しが出ることも多く一長一短です。
髭剃り負けが無くても剃り残しの青髭も、第三者から見ればあまり気分のいい物ではありません。

髭剃り前の準備、後のケア

もう一つは、髭剃りの時にシェービング用のジェルなどを使うことです。
滑りがよくなり、肌に引っかかることが少なくなります。
乾燥した髭は銅線と同じぐらいの堅さになっていますので、ジェルやクリーム、無ければ最悪濡れタオルなどででも使用し、髭を湿らせることは大事です。
髭剃り後にアフターシェービングローションや乳液でケアすることも効果的です。
アルコールが含まれた商品もあり、そういったものならば雑菌を殺し、炎症を起しにくくもしてくれますよ。

たかが髭剃り負けではなく、これひとつで人間関係、ともすれば仕事の取引のトラブルにすらなりうるもの。
単純に対人関係でトラブルを避け、相手に好印象を与えたいのは誰だって同じことですよね。
対策は意外に簡単に出来ることですので、格安の剃刀などは使わず、ケア用のクリームなどを用意し、今後は少し気を使ってみるのもいいのではないでしょうか。

こちらのサイトにも詳しく書いてありますので、参考にしてみてください⇒髭剃り負け

関連記事

    None Found