近年電力が自由化されましたが、その影響は一般的な住宅での太陽光発電にも及んでいるのでしょうか。
ここでは、電力自由化が太陽光発電に与えた影響について解説します。
まず、電力自由化での主なメリットは、自分のライフスタイルに合わせた安い電気プランを提供する電気会社を利用できるという点です。
それでは、太陽光発電を導入している一般家庭にこれがそのまま当てはまるかと言うと、ほぼ無関係といって良いでしょう。
何故なら、自分達で使う電気代の大半は自分達の住む家で生み出せてしまうのですから。
それでは、電力自由化が太陽光発電を行なっている家庭に全く影響を及ばさないかと言うと、それもまた違います。
太陽光発電を行なっている家庭で電力自由化によって変えられるようになった今、選ばれるのは余った電気をより高く買ってくれる電力会社です。
勿論、ライフスタイルによっては安い料金プランにした方が節約になることもありますし、まだ余分な電気を買い取っている電力会社の幅は狭いのですが、太陽光発電の普及に伴いこれから増えていくことが予想されます。
基本的に売電先と買電先は別の電力会社でも問題ないので、買うときは安い料金プランのある電力会社、売るときは高く買い取ってもらえる電力会社、といった電力会社の選び方が可能となります。
詳しく書いてあるのはこちら⇒太陽光発電 電力自由化 影響

関連記事


    太陽光発電に関心がある人の中には太陽光パネルを設置する事で発する電磁波を気にする人もいます。 確かに電磁波の中には人体に悪影響を与える物もあります。 ですが、だからと言って太陽光パネルを設置する事で発…


    最近ではハウスメーカーなどから屋根一帯型の太陽光発電も出ていますが、現在の家庭用太陽光発電は屋根置き型が主流です。 今回は、現在お住いのご自宅に太陽光発電を設置する時、屋根の塗装は必要か?をご説明した…


    今流行りの太陽光発電システムですが、設置する前に耐用年数、つまり寿命のことも考えておかねばなりません。 まだ近年になって始まったシステムなので、その寿命について明確に判明してはいません。 インターネッ…