鏡を見て自分の歯を見て愕然とした事ないですか?
自分の歯が黄色くなっていることにショック!
10代の頃はそれほどまだ黄ばんでいなかったのに…。
私の場合はタバコも吸ってたしコーヒーもよく飲んでいたので人一倍歯が黄色くなっていました。
歯は毎日当たり前ですけど欠かさずきれいに磨いてきていたつもりです。
私と同様にがっかりとした経験のある人はいないでしょうか?
テレビのアイドル、モデル、芸能人なんかはみんな歯が白く美しく誰もが憧れるちゃいますよね。
しかし白く綺麗な歯を見せるには何も考えずに毎日歯磨きを行っているだけでは、白い歯にはなかなかなる事はできません。
今回私同様に歯が黄ばんでいる人のためになぜ歯が黄ばんで見えるかを調べ、歯の黄ばみの対策を紹介していこうと思います。

歯の黄ばみをホワイトニングしてくれるはははのは 口コミを見てみましょう!!

まず初めに自分の家で行う歯の黄ばみ解消方法をお伝えします。
歯の黄ばみを解消する方法には、大きく分けて2つあります。
1つは自分の自宅で行う方法です。
もう一つが歯医者さんに行ってホワイトニングをする方法です。
まずは自分の自宅で簡単に行う方法をお伝えします。
それは、歯の白さを取り戻す働きが期待できる歯磨き粉を使ってみることです。
歯磨き粉の中にも様々なタイプの種類があります。
その中にはホワイトニング効果が期待できるものも売ってます。
正直言うとそこまで期待はできないが多少の効果ならあると思います。
またホワイトニング以外にも歯の表面を修復できる歯磨き粉も歯を白くさせます。
一般的の歯磨き粉でも多少は歯についた色汚れを落とせます。
しかしながら一般的の歯磨き粉では歯の黄ばみの要因になる「ステイン」や「その他の着色汚れ」を“磨いて落とすいわゆる”研磨剤が配合されています。
つまり、歯の表面を研磨内で剥ぎ取ると言う形で歯が白く見えているのです。
確かに研磨剤入りの歯磨き粉ですと歯は白くなっていきます。
しかし過度に歯を磨き過ぎると歯の表面のエナメル質が傷つき、その下にある象牙質(黄色みががった白色)が浮き出てしまいます。
つまり研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨き過ぎると白くなるどころか逆に黄色くなってしまいます。
また、歯の表面が傷つくことにより着色物質が付着しやすくなるのです。
このことから言える事は歯磨き粉選びもとても重要なことなのです。
特に研磨剤入りの歯磨き粉を使用する際は歯の磨きすぎには十分に注意しましょう。

関連記事


    最先端の治療にたのもしい力を発揮 近年、歯科治療は目覚ましい進歩を遂げています。 その代表的な1つとして、歯科用CTが挙げられます。 これまでは大きな規模の病院でしか見ることが できませんでしたが、設…